1月

27

不動産担保ローンで気を付けたいポイント

不動産担保ローンで一番のリスクは、自宅を担保に融資を受けて返済ができなくなった場合は、担保に設定してある自宅は競売にかけられるなどして、手元に残すことができないという点でしょう。

借金を整理する時には、住宅ローンのように住宅購入のローン以外の理由で不動産を担保に設定したケースでは、個人再生は可能でも、住宅を手元に残すことはできません。

個人再生は住宅を手元に残した状態で借金整理をすることができるのがメリットですが、そのメリットが得られないということになってしまいます。

不動産担保ローンでは、各種の手数料や実費でかかるコストがあります。

一般的には事務手数料、不動産鑑定費用、印紙代、抵当権を設定するための登記費用などは必要経費になってきます。

融資を受けるためとはいえ、場合によってはまとまった金額のコストを準備しておく必要が出てくるので、事前に下調べをして、余裕を持ってのぞみたいですよね。

Posted in 不動産担保ローンの注意点 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.